グラスワンダーとは

アメリカから輸入された外国産馬。新馬から圧倒的パフォーマンスを見せ、4連勝で朝日杯3歳S(G1)を驚異的なレコードで勝利を飾った。その後、骨折が判明し3歳春を休養にあてることとなった。

3歳秋に毎日王冠(G2)から始動するもサイレンスズカ、エルコンドルパサーに離されての5着。続くアルゼンチン共和国杯(G2)でも6着と2歳時の勢いは戻らなかった。4番人気で迎えた有馬記念(G1)では、2回レースで叩いた効果が見込めたのかメジロブライト以下の古馬に勝利し見事復活を果たした。

4歳春は、安田記念(G1)を目指し京王杯SC(G2)から始動し見事勝利。満を持して安田記念(G1)に臨むが、エアジハードのタイム差なしの2着と敗戦した。続く宝塚記念でスペシャルウィークと初対戦となるが、人気の面では向こうが一番人気に支持された。レースはスペシャルウィークをマークする形で進むと直線で3馬身突き放す圧勝を見せ世代上位の力を見せ付ける格好となった。

4歳秋に毎日王冠(G2)から始動し勝ちっぷりが注目されたが、格下メイショウオウドウにタイム差なしの辛勝となったことから左周り不安説が囁かれるようになる。その後、怪我の影響で予定が狂い有馬記念(G1)で何とか出走を漕ぎ着けた。春のグランプリで下したスペシャルウィークとの再戦が注目されたが、ゴール前4cmの差でグラスワンダーが再度勝利した。勝ったと思ってウイニング・ランをしたのはスペシャルウィークの方だったのはあまりにも有名である。

5歳春は調整に苦しみ精彩を欠き宝塚記念のレース中の骨折が原因で引退を表明することとなった。

グラスワンダー血統

競走馬名:グラスワンダー

血統:父シルヴァーホーク 母アメリフローラ(ダンチヒ)

父のシルヴァーホークは、欧州の種牡馬で日本の芝向きの産駒を出すことで評価が高かった。

母はダンチヒ産駒のアメリフローラ。

グラスワンダー産駒の特徴

グラスワンダー産駒は、 成長力に乏しい面はあるが完成が速く早い時期からの活躍が望める。
馬体は、ガッチリして硬さがある。 柔軟性のある母父サンデーサイレンスとの親和性は高い。
産駒一覧

ジャパンカップを制したスクリーンヒーローから香港マイルなどを制した名マイラーのモーリスが誕生している。 安定感こそないものの一発の爆発力で血をつないでいくロベルト系の地力を感じさせる出来事と言えるだろう。 圧倒的な筋力で制するロベルト系種牡馬は短距離で血をつないでいくことも十分に考えられる。 サンデーサイレンス系の瞬発力には敵わないが、体力が必要になるシーンでのロベルト系の底地からは健在だ。 一口馬主の投資競馬で初心者に人気となっておりクラブ馬の活躍も期待されている。

種牡馬リンク

アグネスタキオンジャングルポケットフジキセキブライアンズタイムダンスインザダークサクラバクシンオーキングカメハメハ
ネオユニヴァース グラスワンダータニノギムレットシンボリクリスエス
マンハッタンカフェ アドマイヤベガスペシャルウィークタイキシャトル
ステイゴールドキングヘイロー マヤノトップガンアグネスデジタルマイネルラヴマーベラスサンデーウォーエンブレムゴールドアリュールエルコンドルパサー
フサイチコンコルド